So-net無料ブログ作成

ニックは さだまさしさん以来の人 [お気に入り]

先日届いたニックのCD。

KIMG0968.JPG


このアルバムの
作品の一つ一つには
説明や想いが書かれています。

最後の曲、「女神と絵葉書」。
聴くと「別れ」の曲だと分るのですが、
この作品についての文を載せてみますね。

「君が歌詞(うた)になる」制作の際、
小説「願掛け桜」をモチーフに、
「会、結、別」の普遍的な愛をテーマとした3部作を計画、
その最終章となる「別」を描いた作品です。
(会は「君が歌詞になる」、結は「琥珀のセレナーデ」) 
             <CD歌詞カードより>

この世には、沢山のアーティストがいて、
それぞれが想いを込めて作品を生み出している。
ただ、星の数ほどいるアーティストの中で、
不思議と心惹かれる人や曲は限られる。

私の場合は高校生の時に出会った
(年代バレバレですね。^^;)
さだまさし さん。

学生を終え、就職してからは
お給料日が来る度に、LPレコードを買ってました。
”隠れさだ”を経て、現在に至っておりますよ。^^

ニックはさださんとは違いますが、
ある意味、どこか通じるものがあるのです。
初めはカッコいい歌の上手い外国人、でした。

でも今は凄く興味があります。
何故に、ここまで
日本の文化や日本語が好きなのか?ってね。


「インターネットを通じてJPOPを聴き、
 夢を叶えるため、高校入学以降も日本語を猛勉強。
 2010年日本語弁論大会で1位となり、
 有名大学からの勧誘を断り、
 憧れの日本に旅立ったのは、同年6月13日卒業式の翌日17歳の時。
 翌2011年4月からは、来日からわずか1年という最速期間で
 日本語能力試験1級を見事取得し、同時通訳の資格を得る。」
   <ニコラス・エドワーズ オフィシャルサイトより>

この事を知ってから、益々ファンになりました。
きっと芯の強い方だと思いますが、
自分を見失う事無く、頑張って頂きたいと思います。

是非、読んでみようと思います。

願かけ桜 (Parade books)

願かけ桜 (Parade books)

  • 作者: 広城 京典
  • 出版社/メーカー: パレード
  • 発売日: 2014/04/21
  • メディア: 単行本




今夜の一曲[るんるん]


nice!(24)  コメント(0) 

nice! 24

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
広告スペース
Copyright © ネット通販で☆う・ふ・ふ☆な時間 人生を楽しみたい♪ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。